よくある質問

Q 補償対象外の理学療法士の業務と、補償対象のバーソナルトレーナー業務双方を行っていますが、契約書等で理学療法治療は行わない旨記載することで、トレーナー業務との線引きをすることは可能でしょうか。

A 実態としてバーソナルトレーナー業務(しか行っていない)であるのであれば補償対象となります。

キーワードから探す

知りたい内容のキーワードを、スペース区切りで入力してください。

解決しなかった方は下記までお問い合わせください。

CONTACT
フリーランス協会にお問い合わせ